【photoshop チュートリアル】 簡単な空の作り方

【photoshop チュートリアル】 簡単な空の作り方

 

 

ヒロ
こんにちはヒロです!
今回は、photoshopで作れる空の作り方のまとめです。
使い方としては、「自分好みの空を配置したい」「元の写真に色や空を追加したい」時に使えるかと思います。
作り方は、物凄く簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

photoshopの簡単な空の作り方

 

 

作りたい空の色を指定する。

上が、空の色で下が雲の色になるので、ここでイメージの色を指定

 

指定したら、フィルター▶︎描写▶︎雲模様1を選択する
自由変形を指定後に右クリックで「遠近法」を選択
上の部分のみ広げると雲のリアル感が増します。
このままだと、空のした部分が不自然になってしまうので、レイヤーマスクをかけます。
次にグラデーションをかけるのですが、グラデーションエディターを「黒・白」に選択して、下から上にかけます。
黒と白 フィルターから描写の雲模様1を使用
レイヤーマスクのおかげで、下がいい感じにボケるので、
自分はこの後に、コピーしたレイヤーを乗算にして色合いを調整しています。
これで完成です( *`ω´)
簡単にできるので、ぜひ使ってみてください。
スポンサーリンク
合わせて読みたい記事