iPhone 凄技テク!アプリアイコンを自由自在に配置!!【保存版テクニック】

iPhone のアプリアイコンをAndroidと同じように自由自在に 配置!!

ヒロ
こんにちはヒロです!!

今回は、Androidと同じようにホーム画面にあるアプリアイコンのカスタムができるやり方をわかりやすくまとめてみました。

ヒロ
アプリアイコンの移動が自在にできるようになると、好きな壁紙アイコンで邪魔なったりすることがなくなります!!

このSNSアプリを単体で一番下に移動したい時もこの記事解決できるようにまとめてみました!!

スポンサーリンク

具体的なアイコンの移動ってどんなの?

ヒロ
アプリが増えていくとiPhoneのホーム画面上がどんどん散らかって、使いづらくなったりアイコンが邪魔で壁紙が隠れちゃうことも!!

上の写真だとアプリの数は多くないけど、せっかくのフクロウの壁紙も頭だけアプリと被ってしまって…少しだけ不満だったり( ̄  ̄)

ヒロ
afterでは少し被ってたアプリアイコンをこのようにずらすことも可能なのです!!
さっそく試してみましょう!!(`・ω・´)

 

それでは、少しアイコンを長押ししてみましょう!

アイコンの長押しを実行すると、各アイコンが震え出し、赤ワクで囲っている、何もないところもアイコンと同じように震え出します。

何もないように見えるスペースには壁紙と同じ絵柄のアイコンが配置されているため、見えないアイコンが場所どりをしていて、アイコンを壁紙の邪魔にならない場所に配置できるわけです。

 

 

スポンサーリンク

壁紙の制作過程になります!!

 

ヒロ

 

仕組みも理解したところで、さっそくチャレンジしてみましょう!
 はじめに作り出したい壁紙を設定しアプリを長押しします。

①アプリが震えてる状態で右にスライドしていき

②アプリがないホーム画面についたらスクリーンショットをします。
サイト
壁紙を作り出すサイトに入ろう http://iempty.tooliphone.net

 

サイトに入ったら③と④の赤枠をタップします。

 

⑤赤枠内のファイルを選択でスクリーンショット選択します


⑦の画面に移動ができたら、ここではとりあえず2✖︎4をタップします。

 

 ⑧の赤枠内に2✖︎4でタップした画像がちゃんとあるか確認後

 ⑨の赤枠をタップし⑩の赤枠内のホーム画面に追加を選びます。11の赤枠内の追加をタップします。
ホーム画面に戻ると

ホーム画面に戻ってみると、先ほど選んだ2✖︎4の部分が追加されているはずです。
追加された壁紙アイコンを2✖︎4の部分に移動してみましょう。


この後は繰り返し作業になります

この後は、アプリをセットしたくない場所の壁紙アイコンを繰り返し製作していきます。(5〜10の繰り返し作業になります)

後は、好みのアイコン位置に配置できたら作業は完了になります。

 

変更後について

LINE通話や横画面にすると赤枠ないのように崩れてしまいます。
決してバグではないので安心してくださいね
ちゃんとアプリが終了次第元に戻ります。

 

まとめ

 

iPhoneは壁紙のアイコンなどが自由に配置ができない仕様になっています。

少し壁紙アイコンの製作は手間かもしれませんが、自分だけのカスタマイズが作れるのと、

綺麗で整頓されたホームが作れるようになるので、是非試してみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございます!!

 

 

スポンサーリンク
合わせて読みたい記事